スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半分の月がのぼる空。

2011.02.06 *Sun
半分の月がのぼる空〈上〉半分の月がのぼる空〈上〉
(2010/04)
橋本 紡

商品詳細を見る



半分の月がのぼる空〈下〉半分の月がのぼる空〈下〉
(2010/05)
橋本 紡

商品詳細を見る



橋本紡。

私が一番好きな著者です。
そして、この本がそのきっかけとなった本です。

…私が読んだのはライトノベルver.の方なんですがw


何がいいんだろう。


言葉じゃうまく書けないけど
とにかく惹かれるんです。

3年前、私自身が裕一と似たような状況のとき
友だちが私に薦めてくれて

『プラスになるかわからないけど、読んでみて。』

それ以来、もう10周近く読みこんでます。w



主人公は、17歳の男子高校生。




読んだときの年齢が近かったのも
惹かれた理由の一つだったのかもしれません…w
冗談抜きで、

この本のおかげでいまの自分がいる。
って断言できます。








高校2年の冬、突然の肝炎で入院することになった裕一。病状は軽く、夜中に病院を抜け出しては看護師の亜希子に怒られていた。そんなある日、裕一は亜希子から、転院してきた女の子の話し相手になってくれと頼まれる。亜希子もその子の扱いには手を焼いているらしい。恐る恐る女の子のいる病室に入る裕一。そこには長い黒髪の美少女、里香がいた。



どうぞ、読んでみてください。



…ちなみに、この本で一番好きなフレーズは

『僕たちの両手は―――           』

橋本さんといっしょです…w
スポンサーサイト
CATEGORY : 本。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © no tears,no hapiness. All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。