スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六百六十六円の事情

2011.03.23 *Wed
六百六十円の事情 (メディアワークス文庫)六百六十円の事情 (メディアワークス文庫)
(2010/05/25)
入間 人間

商品詳細を見る


男と女。彼氏と彼女。親と子供。先生と生徒。爺ちゃんと婆ちゃん。世の中には、いろんな人たちがいる。そこには、「ダメ人間」と「しっかり人間」なんてのも。それぞれ“事情”を持つ彼らが描く恋愛&人生模様は、ありふれているけど、でも当人たちにとっては大切な出来事ばかりだ。そんな彼らがある日、ひとつの“糸”で結ばれる。とある掲示板に書き込まれた「カツ丼作れますか?」という一言をきっかけに。日常系青春群像ストーリー。



またしても入間人間。。w
独特な世界観で有名ですが
この人の純愛?ストーリーは
読めば読むほど飲み込まれていくものがあると思います。

出だしは単なる日常的な恋愛のストーリー。
でも必ずどこかで、無理のない大きな展開があって。

この作品もそうでした。

正直、この物語の本当の主人公がでてくるまでは
ちょっと退屈な話でした…ありきたりな恋愛小説すぎて。

ただ、やっぱり構成がうまいんだよなぁ。w
前半からこうきてこうなるとは誰も想像できないはず…((何

老若男女、それぞれの世代の考え方や日常的に思ってること。
考えさせられますね、若干ピーターパンになりそうでした←

大どんでん返し的なものはないですが
すごく面白いです、こういうのが私は好き。

SNSにどっぷりつかってる私みたいな人にとっては
なかなか面白い一冊だと思います・w
スポンサーサイト
CATEGORY : 本。
COMMENT (2)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

その本は読んだことがないのですが、入間さんのだと花咲太郎が面白かったです
2011/03/23(水) 12:38:25 | URL | しるこ #Q3eHLSb2 [Edit
>しるこさん

花咲太郎…私は逆に、それを読んだことがないです...
ミステリーオンリーなかんじがしてw

今度手だしてみようかなと思います!
2011/03/23(水) 12:46:57 | URL | あいか #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © no tears,no hapiness. All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。